ニキビにはケミカルピーリングが有効?

ニキビを改善するため、ケミカルピーリングと呼ばれる方法が選択されることがあります。このケミカルピーリングとは何なのか、効果のほどはどうなのか解説します。

 

ケミカルピーリングについて

 

ケミカルピーリングとは、お肌に薬剤を塗布することにより剥がし、ニキビなどの改善効果を狙う治療のことをいいます。

 

ニキビに対する効果が期待できる他、十分な根拠は現状で示されていないものの、ニキビ跡の改善にも役立てられている治療方法です。

 

薬剤でお肌を溶かすと古い角質や不要なものが落ちますが、これと同時に肌の再生を促進し、ターンオーバーが正常化されるといわれています。

 

ターンオーバーは肌細胞の生まれ変わりの周期のことをいいますが、これをケミカルピーリングにより促すことにより、新しく健康できれいな肌へと生まれ変わらせるのです。

 

ケミカルピーリングは医療行為

 

過去にエステサロンで薬剤を薄めて使用されたり、反対に強力な酸が使用されたりしたことが原因で、効果が得られなかったり、火傷を負ったりといったトラブルが起こりました。

 

このことをきっかけにケミカルピーリングは医療行為に該当することとなり、医療機関でだけ行うよう通達されています。

 

エステサロンでも行われているという情報を目にする機会がありますが、濃度の低い酸が使われているのが特徴です。

 

肌を溶かす治療方法のためお肌への負担は決して小さくありません。リスクを十分に理解した上でケミカルピーリングによりニキビ治療を受けることが大切といえるでしょう。