ニキビの種類

ニキビと一口にいっても、白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビにわけることができます。ここでは、それぞれの特徴を解説しています。

 

白ニキビ・黒ニキビ

 

白ニキビは毛穴に皮脂が溜め込まれた状態になっているもののことをいいます。また、溜め込まれた皮脂をそのままにしておくと、やがて硬くなるという特徴があるのです。

 

黒ニキビは、白ニキビが悪化した状態といっていいでしょう。白ニキビの溜め込まれて硬くなった皮脂が酸化すると、黒く変色することになります。

 

この皮脂が硬く黒くなった状態のニキビのことを黒ニキビといいます。

 

赤ニキビ

 

皮脂が毛穴に溜め込まれた状態になると、アクネ菌と呼ばれるニキビの原因菌が毛穴の中で増殖します。これにより毛穴や毛穴周辺が炎症を起こしますが、この状態のニキビのことを赤ニキビと呼びます。

 

炎症が起こっているため赤みや腫れの症状があらわれたり、痛みを感じることもあります。また、赤ニキビは回復しても色素沈着を起こし、いわゆるニキビ跡になる可能性があります。

 

黄色ニキビ

 

毛穴や毛穴周辺の炎症が悪化すると、膿を持つことがあります。このような状態のニキビのことを黄色ニキビと呼びます。

 

赤ニキビ同様にニキビ跡として残る可能性がありますが、黄色ニキビの場合はもっと深刻な状態になりやすいのがネックです。

 

クレーターという言葉を聞いたことがあるでしょうが、回復したあと肌に凹凸ができてしまうのです。赤ニキビにもいえることですが、状態を放置することなく治療を早めに受けることが大切といえるでしょう。